当クリニックでの小児矯正治療

矯正治療のプロによるお子さまに寄り添った治療を行っています。

小児矯正の流れ

1相談・カウンセリング

お子さまの歯並びについて、気になること、希望する治療などをお話しください。「矯正が必要かどうかわからない」といった質問でも構いません。お子さまのお口の状態を見たり、普段の生活について丁寧にお聞きしたりしながら、治療の必要性や具体的な治療方法などについて説明いたします。

2精密検査

お子さまのお顔やお口の中の写真を撮影したり、歯型を取ったり、レントゲンを撮ったりしてお子さまの歯や骨の状態を詳しく調べていきます。特に痛みをともなうような検査はありません。

3診断・検査結果と治療計画の説明

検査結果について詳しくご説明し、結果にもとづいた治療計画を決定します。具体的な治療方法や注意する点については、お子さまにもわかるよう丁寧に説明します。治療計画が決まれば、費用や期間についても決まりますので、ご案内します。ご不明な点や納得できない点がありましたら、遠慮なくご質問ください。

4矯正治療の準備

お子さまの歯に虫歯がある場合は、矯正を始める前に治療してもらいます。(虫歯の程度によっては他院をご紹介することもあります)

5第Ⅰ期治療

装置を付けて、顎の骨を動かす治療を行います。使用する装置はお子さまの歯や骨の状態によって異なります。定期的に確認や調整をしますので、1ヶ月に1度程度の通院が必要になります。骨を整えるための生活指導も行いますので、家族みんなで取り組めるよう心がけてください。治療期間は約1年半になります。

6保定および経過観察

治療期間が終わったら、前歯が永久歯に生え変わったタイミングで、前歯に保定装置を装着します。そして、横や奥の歯が生え変わるときの歯並びを観察していきます。定期的な通院が必要です。

7精密検査・再診断

すべての歯が生え変わった段階で、永久歯の歯並び・咬み合わせをチェックし、引き続き治療が必要かどうか診断します。

8治療終了

生えそろった永久歯の歯並びや咬み合わせに特に問題がなければ治療はここで終了です。
アフターチェックを行いますので、1年に1回は定期検査にお越しください。

9第Ⅱ期治療

ブラケットやマウスピースを使って、歯を動かす治療を行います。途中、確認や調整を行いますので、定期的に通院していただきます。第Ⅱ期治療の期間も、約1年半となります。
※治療中、お手入れ不足で虫歯や歯肉の炎症が起こった場合は、治療を中断することがあります。お子さまの歯磨きがきちんとできているかも、ご家庭でしっかり確認してあげてください。

10保定および経過観察

計画通りに歯が動き、咬み合わせもよくなれば治療期間は終了です。保定用の装置に切り替えて動いた歯を安定させていきます。メンテナンスのため、定期的に通院してください。

11治療終了

歯並びが安定したら、咬み合わせを確認し、治療は終了です。
後戻りしたり、再び咬み合わせがずれたりしないよう、指導にもとづいて健康的な生活を送るよう心がけてください。
アフターチェックを行いますので、年に1回は定期検査を受けるようにしましょう。

小児矯正装置について

当院では、綿密な検査から導き出した、お子さまおひとりおひとりに合う装置を使用します。既製品や治療根拠のない装置は使いません。

  • 第Ⅰ期治療

    第Ⅰ期治療に使用する装置は、大きく分けて「口の中だけに付ける装置」と「お顔や頭に付ける装置」の2種類があります。お顔や頭に付ける装置には、ヘッドギアやフェイシャルマスクなどがありますが、これらの装置の装着時間目安は1日8~10時間です。外出時は外して構いませんが、お家にいるときは就寝時も含め装着して過ごしていただくことになります。

  • 第Ⅱ期治療

    第Ⅱ期治療で使用する装置は、主にワイヤーまたはマウスピースになります。
    ワイヤーにはブラケットと呼ばれる装置を装着して歯に付けます。ブラケットは白や透明など、目立ちにくい色のものもあります。
    マウスピースの場合は、採取した歯型をもとに作った専用のマウスピースを装着してもらいます。

※当院の小児矯正治療では、基本的にご自宅で取り外し可能な装置は使用いたしません。矯正装置は装着時間を守らなければ効果を得られません。お子さまが自分で付け外しできてしまうと、装置を付けたがらないお子さまに、親御さんが口うるさく装着を促すことになりかねません。それでは、お子さまにとっても親御さんにとっても大変なストレスになってしまいます。お子さまは大人に比べて我慢は苦手ですが、慣れるのは得意です。取り外しできなければ、大人が思っているより早く慣れてくれますので、装置を付けていること自体は大きな負担になりません。

矯正学会認定医による診療

当院院長は、矯正治療に関して豊富な学識と経験を持っていると認められた「日本矯正歯科学会 認定医」です。学会認定医は、矯正歯科治療を行っている歯科医師のうちのわずか15%で、日本全国に約3千人しかいません。矯正歯科専門医として、全国の矯正歯科医師を指導する活動や、日本の矯正歯科医代表として、世界大会で講演もしています。
当院は、最新の手法や設備を取り入れた治療で、これまでに1万件以上の治療実績を積んでいます。その中には、生まれて数ヶ月の乳児の治療や、顔の骨に先天性の障害を持つお子さまの治療のような、難しい症例も数多く含んでいます。これらの実績から様々な症例に対応可能ですので、お子さまの歯並びにお悩みの方は、ささいなことでも構いません。ぜひ当院にご相談ください。

スタッフ全員が歯並びの有資格者!

当院では、スタッフ全員が「歯並びコーディネーター」の資格を有しております。大切なお子さまの治療を安心して任せていただけるよう、院内でも独自のトレーニングを行い、高い水準の治療をご提供できるよう努めております。

歯並びコーディ―ネーターとは

歯並びコーディネーターは、歯科矯正について正しくアドバイスできるエキスパートとして、日本成人矯正歯科学会により認定される資格です。矯正歯科治療に携わる歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・助手・受付スタッフなどを対象としています。取得には定められた研修会と認定審査をクリアすることが必要です。

お問い合わせはこちら

大切なお子さまの体の土台である歯列矯正は、小児矯正専門医にお任せください
当院では、矯正治療の豊富な知識と実績をもとに、それぞれのお子さまに合わせた最適な治療を提供いたします。
お気軽にご相談ください。

0877-45-3739
  • こうざと矯正歯科クリニック オフィシャルサイト
  • インビザライン
  • クリニックブログ